• 津嘉山裕美

3331 Cafe Ubuntuにて中島麦の新作(抽象絵画)を展示しています。

[Art & Culinary] [Economy]

中島 麦「カラードノイズ / Colored Noise」



中島麦(なかじま むぎ)の作品展「カラードノイズ / Colored Noise」を3331 Cafe Ubuntu にて開催します。

中島麦(b.1978)は抽象絵画の制作を中心に、そこから拡張する出来事を取り込みながら活動している美術家です。中島の抽象絵画には、様々な色が放つスペクトルが分布しており、絵具の密度や重なりが混在しています。

近年では筆を介さずに制作されており、粘度と濃度を調合したアクリル絵具を直接キャンバスにそそぎ込んでいます。ゆっくりと垂らし込まれた多量の絵具がキャンバス上で揺れ動き、ぶつかり合い、弧を描きながら滴り落ちた痕跡と層が画面を構成しています。

これらの作品には、「光」、「動き」、「奥行き」、そして「時間」が絵画を構成する要素として表現されています。

その流動的な作品画面の様子を音響的な状況に置き換えて眺めてみると、響きを伴う感覚が立ち昇ってくるのではないでしょうか。

今回はカフェの利用客を始め、スタッフの調理やサービスなど、場を共有したり行き交う人々の声や動作から発せられる環境音の中で作品をご鑑賞いただく試みでもあります。

カフェ空間を取り込んだ中島麦の抽象絵画のダイナミックな色彩とテクスチャーをぜひこの機会にご高覧ください。


本展では、アクリル絵具の巨大な一滴が持つ物質性と物語性に着目した「luminous dropping」(2018~)、

特徴的な縦長のキャンバスに絵具と重力による直線的なタイムラインの層を描いた「luminous dropping incline」(2019~)、

そして、意図的に傾けた複数のキャンバスに絵具が生み出す物理現象を多方向から描いた「multi luminous dropping incline」(2020~)、の3つのシリーズより最新作をセレクトし展示します。


中島 麦「カラードノイズ / Colored Noise」

【期間】2021年9月18日 (土)-10月18日 (月) *会期中無休

【時間】11:00-18:00 (最終入場17:30)

【会場】3331 café Ubuntu

〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14

3331 Arts Chiyoda, SUITE 105 3331 Cafe Ubuntu



【入場料】店内での鑑賞は1drink オーダー要

Website→3331 Cafe Ubuntu https://www.ideal-coop.com/3331cafeubuntu

【企画】:津嘉山 裕美 (nutriment)

【協力】:Gallery OUT of PLACE, 3331 Cafe Ubuntu(IDEAL COOP Inc.)